こんにちは。夢の宮アネックスへようこそ。
管理人のEki-MAJOです。


先日、本館のほうで「源氏物語」について少し書きました。
死の天使が過ぎゆくところ…|夢の宮

 上村松園 『焔』
 上村松園 『焔(ほむら)』

女性で初めて文化勲章を受賞された上村松園画伯の日本画ですが、見ているとゾクゾクと鳥肌がたってくるような怖さがあります。

読者様から頂いたコメントですが。

>源氏物語は光源氏の自業自得なところが多いですが。
>六条御息所も大臣クラスの家に生まれて、
>お妃になる為の教育しか受けてこなかったし。
>ちょっとかわいそうな人です。
>ミチマサは御息所だけど、
>こんな身分の低い御息所っていないだろうな・・・・・?
>松園さんの絵はどこか怖いところもありますね。
>それと悲哀も。
>有名な序の舞もです。初々しさだけでない感じが出ています。
>まだ、生で見たことないので見たみたいです。


六条御息所は、大臣クラスの家に生まれた超セレブでハイソな“お嬢様”。
父に未来の天皇の妃として、大切に育てられました。

16歳で東宮(皇太子)のもとに入内。東宮は、六条御息所を愛し、とても大事にしてくれた。4年後に御息所は子供を授かった。
(御息所(みやすどころ)とは、天皇や皇太子のお子を産んだ女性に対する敬称です)

摂関政治のならいで、産まれてくるのが男の子なら、と父大臣は望みをかけるが生まれてきたのは女の子(内親王、後の秋好中宮)だった。失望した父大臣は、病で死去。

幸せは長く続かず、その後しばらくして東宮とも死別。御息所は、宮中を去らねばならなくなる。
父大臣の屋敷で静かに過ごしていたが、宮中にいた頃から、教養とセンスある美しい貴婦人で通っていた御息所の許には、多くの趣味人が集ってきた。

その中に、若き光源氏がいた。
ここから泥沼の愛の悲劇が始まる。(笑)

「過去の人」と思われていた御息所の日常に華やぎが戻ってきたと思いきや…、なんと光源氏の熱がすぐ急激に冷めてしまう。

都人の噂になって、時の帝(桐壺帝)のお耳に入るほど。珍しく帝は息子(光源氏)を叱る。
「お前は何を考えているのかね。あの方は、私の弟である前東宮(さきのとうぐう)がとても大切にされた方なのだよ。私だって自分の娘のように思っている。並みの愛人のように軽々しく扱ってよいお方ではない」

でも、光源氏は御息所のもとになかなか足が向かない。光源氏には密かに思う人がいたから(藤壺女御)。

御息所は御息所で、市井の噂が帝のお耳に入っただけでも悔しく思う。
教養高く、理知的で、誇り高い性格が完全に裏目にでてしまった感じです。

いつの世もある、男と女のすれ違いなんですが、ここからが先の展開が、普通と(かなり)違う。

なんと御息所は、生霊になって、光源氏の妻たちに憑りつき、殺してゆくのです。恐ろしや~
 
案外、(本音では)六条御息所を好きという女性が多いのは、この人は「女性の不毛で不幸な恋」を象徴するキャラクターだから、でしょう。
(実は、私も好きだ)

千年前に、こういうキャラクターを生み出した紫式部は、本当に偉大な作家です。

六条御息所は、後世のクリエイターたちにも甚大な影響をあたえ、謡曲のシテ(主役)になったり、さらには、三島由紀夫の「近代能楽集・葵上」のモチーフにもなりました。




なるほど、人の憎悪を直接にぶつけられたら、普通の人はちょっと病むかもしれないな、と思いました。
(少なくとも、心の病(ノイローゼ?)くらいにはなるかと思う)

六条御息所に憑りつかれた女性たち、葵の上も紫の上も、共に死を迎えています。

葵の上は、お産で苦しみ(この時の様子を医療関係者に読んでもらうと、妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)の症状に似てるそう)、産後、急に亡くなるのです。お産で体力を消耗してしまったんでしょうか?
昔も今もお産は女性の大事です。産褥で亡くなる女性は多かったと思います。(「葵」の巻)

この事件で、光源氏に嫌われたと自らを恥じた御息所は、斎宮になった娘と共に、伊勢に去ります。

(御息所自身は、「人を憎む気持ちすらいとわしい」と思っているのですが、深層心理では、葵の上が憎くてたまらない。葵祭での車争いの恥辱も加わり、嫉妬と憎悪で気も狂わんばかり。その心理を認めたくないばかりに押し隠された深層心理が物の怪と化す、解釈は納得できる)

数年後、代替わりで、都に帰ってきた御息所は、まもなく病を得てなくなります。
源氏は、後を託された養女にした御息所の娘の前斎宮(秋好中宮)に性懲りもなく言い寄って、嫌われたりしてますが。(笑)

その後、光源氏は絶頂期を迎え、紫の上と幸せに暮らしているのですが…
女三の宮の降嫁を請けてしまいます。このことは、紫の上との関係に次第に亀裂を生んでゆく。
紫の上は、出家の願望を抱くも許されず、次第にストレスをためてやがて発病します。想像以上に重い病でした。

紫の上も御息所の死霊に憑りつかれて、一時、息絶えます。
光源氏や僧侶たちが必死に祈りを捧げて、息を吹き返しますが、ついに健康は元に戻らず、5年後に、静かに息を引き取ります。

(しかし、御息所の生霊や死霊だと、原作にはっきり書かれているわけでなく、光源氏が御息所の霊だと思った(光源氏の主観)と描写されている。ここが、紫式部の非凡な点です)

紫の上は、今でいう臨死体験をしたことになる訳です。
もとから優しかった性格がさらに優しくなり、「自分は救われなくてもいい。こんなに悲しんでいる殿(光源氏)を、どうして見捨てて(あの世に)行けようか」と、考えて養生に励んだり、お経を勉強したり僧に師事したりします。

(紫の上に執着する光源氏は、紫の上の出家を最後まで許さない。ひどい男だ。在家出家のような形だけは許したが)

紫の上が病み伏している間に、正妻の女三ノ宮と柏木が密通するという大事件を起こしてしまい、光源氏は、憤怒の思いをこらえかねるのです。光源氏の老いと凋落が始まってゆきます。
光源氏の、女三ノ宮と柏木に対する仕打ちは、もう「イケズ」そのものです。

「若菜・上」、「若菜・下」、「柏木」の巻を読むだけでも、『源氏』の凄さが分かります。

紫の上はその間、静かに養生し、結果、なんとか5年はもったという感じです。
手ずから育てた養女の明石中宮に看取られての、静かな最期でした。
最後まで、後に残されることになる、年取って気の弱くなった夫を気遣いながら。(「御法(みのり)」の巻)

光源氏は、頼り切っていた紫の上に死なれて、悲しんで悲しんで、心が呆けてボケ老人になる(!)という、かなり、救いようのない(しかし、読んでるほうは何故か元気が出る)物語です。
新年と『源氏物語』|夢の宮









 安倍晴明 祈祷
 祈祷を行う安倍晴明 『泣不動縁起絵巻』清浄華院所蔵

安倍晴明の蟲毒(こどく)の逸話が物語るように、平安時代も呪いが(日常的に)あったと思うんです。
「こいつさえいなければ…」と思うことは、よくあったはず。戦争のない時代で、家柄などである程度人生が決まりますから。
身分の高い女性も入内すれば、皇子を産まないと、家の出世にも響く。ストレス社会の先駆けです。


私も最近、どうやら人の憎悪をぶつけられていたみたいです。
すごく疲れてしまいました。

むき出しの人の憎悪を向けられた経験があまりなく(今までは、私が人を恨む側だった)、戸惑いもあります。
自分で自分の過去記事を読み直して、元気を取り戻してるあり様です。
不思議な体験をした…|夢の宮 アネックス(別館)

 イラスト 女戦士

なんか、表現が難しいのですが、空しい気分です。
自分が、自律神経失調症とも分かったので、ボチボチ元気を出して歩くしかありません。


祝詞を知っていたのは、助かったな、と自分で感じています。
大祓詞の罪の名前が細かく記されたバージョンに、国津罪のひとつとして「蟲術(まじもの)せる罪」とあります。呪術のことです。

でも大祓詞の力で(祓戸4神のお力も加わって)、その罪を「ない」ことに出来るわけです。
大祓詞(おおはらえのことば)について|夢の宮

自分を救ってくれるのは、究極、自分でしかない。
今回ほど、このことを痛感したことはなかったです。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
皆さまがお幸せでありますように。