こんにちは。夢の宮アネックスへようこそ。
管理人のEki-MAJOです。

お正月に家で着物を着てみようかな、と思い、着物を出して見ました。

江戸小紋の着物です。

 DSCN0217

一見、無地の着物ですが、よく見るとちりめん地に細かい型染めで鮫小紋と呼ばれる模様が染めてあります。
(特に細かい極鮫と呼ばれる。作家ものらしく、印もあるが、どちらの方なのか分からず)

色は紫っぽいですが、実際見るともう少し赤紫っぽいです。(小豆色に近い紫色)

 葡萄染(えびぞめ)


 十二単 葡萄(えび)染め


偶然ですが、「源氏物語」の紫の上が愛した葡萄染(えびそめ)に近いかも。そう思うと気分があがります(笑)。
新年と『源氏物語』|夢の宮

江戸小紋は小紋と呼ばれる着物の一種です。型紙を使った細かい模様を染め出した着物です。

江戸小紋は、武士の裃(かみしも)に使われていた染め物で、小紋の中でも特に格が高いとされ、江戸時代には町人たちは着ることが許されなかったほどです。

なので、明治になって四民平等になり、庶民も着られるようになると大人気になりました。

最初の一枚は、色無地を…と呉服屋さんに勧められるかもしれないが、私は敢えて江戸小紋を押します。
(色無地は下手をすると、旅館の中居さん風になるからそれは避けたいという理由もある)

なぜなら、無地の着物ではなく細かい模様があるため、一見無地に見えるけれど動きでニュアンスが出て、しかも紋付きにするか、紋無しにするかで、如何様にも(フォーマルにもお洒落着にも)対応できる。

江戸小紋のうち、特に格の高い模様(三役と呼ばれる角通し、鮫小紋、万筋)なら、家紋をつけて格の高い帯(礼装用の袋帯)を合わせると、立派なフォーマルの着物(訪問着相当)になります。

紋無しで袋帯だと附下にあたり、名古屋帯だと街着、お洒落着です。

黒い喪服用の帯を合わせると、色喪服にもなります。
(お通夜や最近多い「○○さんとお別れする会」、故人の○周忌などに着られます)

 

色無地について解説した動画ですが、着物の格などについては、色無地と江戸小紋は、ほぼ同格ですので、参考になるかと思います。
 
合わせる帯しだいで、披露宴にも、お茶会にも踊りや三味線の発表会にも、歌舞伎座に着物で歌舞伎を見に行くのにも、少し改まったホテルでの会食にもすべて対応できます。

(この「合わせる帯しだい」というのが、着物初心者には非常に分かりずらく難しく感じるのですが、だんだん知識が増え、場数を踏むと分かってきます)

洋服でも何通りにもコーディネートできるものが利用価値が高いように、着物でも帯しだいで…と言われるものが利用価値が高い。

ご自分であつらえても、充分にモトが取れる着物だと思います。

紋を入れてない江戸小紋の着物は、洒落たお洒落着です。
お洒落用の洒落江戸小紋と呼ばれる着物もあります。これは紋入れは出来ません。

とにかく着物は、TPO(フォーマルかお洒落用の街着か)と季節(袷と単衣、夏の薄物)を外すと、目も当てられなくなりますので(ノ∀`)アチャー、その点だけは十分に気をつけたいところです。

逆に言うと、その点さえ気をつけて下されば、着物(のお洒落)は自由です。
(でないと、千年以上も日本人が着物を着てきた理由が分からなくなります。ちなみに人間のオーラの形は、着物の形なんだそうです。

着物になれた人が、一番着やすいというのが附下から色無地、江戸小紋あたりの着物じゃないかと思います。帯次第で遊べる。(セミフォーマルからお洒落着にコーディネート可能)

出るところに出る時は、こういう着物が必要なので、あと一、二枚ほど江戸小紋かあっさりした附下(訪問着)などは必要かなと。
(俗に「着物はお道具」と言われる。出る場所に出てゆく時には必要なものという意味)

着物は高いと仰る方、多いんですが、実はそんなに売れないので安くするところは安くしないとどうにもならない、値崩れしつつある、という厳しい現実もあるんです。

今は何百万もする着物、基本的にそんなにありません。(悲しいことに、売れないんです)
私のも譲っていただいたり、安く手に入れたものが多いです。

恥ずかしいのですが、私物でコーディネートしました。

 DSCN0212

江戸小紋(紋無し)に扇面(末広がり)の袋帯。帯は二重太鼓に結ぶ。
私の持っている唯一のセミフォーマルの組み合わせ。半襟は、七宝(吉祥文様)が刺繍されたもの。
今は習っていないのですが、お茶会などに出る時に。
(機会があれば、紋をつけて結婚披露宴にも着て行ける)

 DSCN0214

江戸小紋(紋無し)に博多献上の名古屋帯

街着に着て行く時に。江戸小紋に博多の名古屋帯。半襟はビーズ半襟。
歌舞伎座に歌舞伎を見に行く時やホテルなどの改まった場所でお茶する時などに。
個人的に私はお太鼓結びが嫌いなので、角だし(銀座結び)に結ぶ。


江戸小紋は、着物自体が一見地味(?)でも、実は格調高いので、どんな(派手な)帯を持ってきても負けないところが良いところです。

俗に「着物一枚に、帯三本」と言います。
それくらいあれば、コーディネートで遊べるという意味。
着物好きな作家の群ようこさんのエッセイから。
 ある時、京都の大手メーカーの男性と話をしたことがある。
「こういうことを言うと、また着物が売れなくなってしまうかから、大きな声では言えまへんけど」
 礼装ではない袷の着物の場合、雰囲気の違う着物を三枚。着物一枚に帯三本ということで、全部で九本。そして、帯一本に対して小物を三組ずつ。つまり着物を三枚、帯九本。帯揚げ、帯締めが各二十七本。
「実は一般の方だったら、これで充分、一生いけますねん」
なるほど、と感心した。帯揚げや帯締めはこの数より少なくて大丈夫だろう。もちろん、小紋に合わせた帯を全部紬に絞めることはできないが、あっちとこっちを組み合わせ、年齢が上がるにつれ、合わせる小物の色も変えてゆけば、大丈夫だというのだ。余裕があれば、コートや羽織を買い足してゆく。着物や帯は大物なので、そうそう買えないけれど、小物だったら、何とかなる。大物は数を少なく、小物は数を多めだ。
 群ようこ『着物が欲しい!』角川文庫

きものが欲しい! (角川文庫)
群 ようこ
角川書店
2006-02



地味な着物に(ガツン)とインパクトのある帯の組み合わせを「渋派手(しぶはで)」というそうです。
私は典型的な渋派手好きで、着物はみな地味なほうです。

着物になれない方は、華やかな振袖や訪問着を着物だとおもいがちですが、実は一見地味な着物のほうが帯で遊べて長く着れる。

長く着るつもりなら、少し地味めな着物をお勧めします。(安いものじゃないんだから、どうせなら、一生着たいでしょう)

私は、正直言うと、染の着物(柔らかもの)より織りの着物(紬、板もの)が好きなんですが。

 

ご自分で着たい方のために分かりやすい解説動画を見つけました。鏡の反転動画で分かりやすいかと。
ご参考になさって下さい。
(お若くてきれいな先生やな~(笑)。一度、習ってみたい)




着物を見るには、ある程度の知識は必要です。ご参考になれば幸いです。




いつもチェックしているカラーアナリストの方のプライベートブログですが。
占星術的に見ると、着物好きな女性は、太陽星座か月星座が○○座だそうで、私はこれにバッチリ該当で驚ました。

周りの着物好きな女性の誕生日を聞いて回りたくなる(笑)。
月星座は、生まれた時間が正確にわからないと、分かりませんけれど。

着物業界は、こういう女性をもっと大事にしていただきたいものです。業界の(生き残りをかけた)将来のためにも。

体調が厳しいと、着物を着るのは「しんどい!」となるんですが、まだ少し頑張ろうと思います。(出かけずに、家で着た)

群ようこさんの本に、対談で作家の佐藤愛子先生が「着物を美しく着ることは、女の修行のひとつですよ」と言い切っておいででした。
好きに着てきただけなので、まったく修行が出来てないな、と、反省しきり。(;^_^A



浅田真央さんのインスタグラムから。真央さん、きれい!
お若いのに、よく着物のことを勉強されてるなぁ、と感心。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
皆さまがお幸せでありますように。