こんにちは。夢の宮アネックスへようこそ。
管理人のEki-MAJOです。

GW中は他出せず、実家の断捨離を手伝っておりました。一段落した日に行ってきましたよ。

真央展!ジャジャーン!(以下4枚の写真は、管理人撮影)

入口です。

 真央展 入口

記念撮影スポット

 真央展 撮影スポット

入場料無料とは、なんと太っ腹(驚)。有料でも行くのに。(オリジナルグッズ販売は有料)

試合用の衣装やスケート靴、メダルは撮影不可でしたが、一部撮影が許可されている展示もあり、写真に撮ってきました。

 真央展 メリー・ポピンズ
 『メリー・ポピンズ』の衣装

 真央展 アナと雪の女王
 『アナと雪の女王』の衣装

衣装も実際見てみると、刺繍や、ストーンやスパンコールが細かく縫い付けてあって、感動します。
日本の職人芸のこだわりを感じますね。

(当たり前だが、真央さんも舞さんも実に細い、と改めて実感)

かなり痛んだスケート靴を見ると、真央さんの日々の努力を感じることが出来ました。

バンクーバーの銀メダルも展示されていたので、「金にかわれ~」とハンドパワー(?)もかけてきました。(笑)

(真央さんの・・・が戻ってくる可能性については、本館でたびたび書いております)
消えたティアラの謎と宮内庁の真実|夢の宮

よく考えりゃ、真央さんはあの若さで自身のブランド(maomao)を持っている実業家でもあるんですね。
サンクスツァーを大成功させた、優秀なイベントプランナーでプロデューサーでもある。

こういう人を冷遇して当然な、現スケート連盟が一度死ぬ運命にあるのも、当然か。


心残りは、この衣装を実際に見てみたかった。

 浅田真央 シェヘラザード
 シェヘラザード(2011-2012 SP)

音楽は、ロシアの作曲家、リムスキー・コルサコフ。
題材は、ご存知『千夜一夜物語(アラビアン・ナイト)』。

 

珍しいパンツスタイルの衣装でした。(ジャンプが飛びにくいという理由で、実際に着用したのはわずか数回だけ)

愛妾に浮気されたことのトラウマから、心が荒み、夜伽に迎えた娘を朝になったら、殺させるということを繰り返していたシャハリヤール王。

このままでは、国中から若い女性がいなくなってしまうと憂えた大臣の娘、シェヘラザード(シャーラザット)は、自ら王の夜伽に志願する。

彼女は、毎晩、面白い話を王に聞かせ、続きが聞きたい王は、千日もの間シェヘラザードを殺すことが出来なかった。
千と一夜が経った時、王はシェヘラザードに求婚し、めでたく二人は結ばれる。(ここにも1000日の法則が)

可憐で、楽しく物語を語る、賢くて意思の強い姫といった感じで私は大好きなプログラムでした。

(ドナドナ妓生も滑っていたが、ありゃ、どう見ても王を裏切るビッチ愛妾のほうとしか見えなかった)





こちらの動画も。鉄拳画伯の真央ちゃんへの“愛”に泣く。(´;ω;`)ウゥゥ

 



 浅田真央 宇野昌磨 

関係ないけど、この二人、まるで安寿と厨子王みたいだな、と昔から思っていた(笑)。


 安寿と厨子王

 厨子王と母

上のイラスト2枚とも、昭和の天才挿絵画家(イラストレーター)、伊藤彦造の「安寿と厨子王」の挿絵です。

緻密なペン画が、きれいです。高畠華宵(たかばたけかしょう)と並ぶ、当時の超人気挿絵画家でした。

管理人所有の画集(伊藤彦造イラストレーション 河出書房新社)より撮影しました。(なので、転載不可)


伊藤彦造イラストレーション
伊藤 彦造
A&Aパブリッシング
1999-08


伊藤彦造の描く、美しい少年や青年は、現在の少女マンガの美形キャラの元祖と言えるでしょう。
(私は東京の弥生美術館まで伊藤彦造の回顧展を見に行ったことがある)


厨子王は大人になって、犠牲になったお姉さんの「仇」をしっかり取るんだよね。


 浅田真央 宇野昌磨

いつかとってね。って、もう取ったか。

いつの日か『昌磨展』も開催されますように。



【おまけ】
荻野真さん:マンガ「孔雀王」作者が腎不全のため死去 59歳|MANTANWEB

「孔雀王」で知られる漫画家の荻野真氏が、亡くなられました。「孔雀王」、大好きだったのに。
この場を借りて、ご冥福をお祈り申し上げます。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。



皆さまがお幸せでありますように。